« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

浪越孝のセルフ指圧セミナー!

帝国ホテルプラザ東京特設会場におきまして9月22日、23日(計4回)のセルフ指圧セミナーを開催させて頂きました。

1  Photo

会場には多数の応募を頂きました中から抽選で選ばれた方が御出席いただき、自分で出来るセルフ指圧を中心に指圧のお話とセルフ指圧の実技を行わせて頂きました。

皆さん、とても御熱心で一生懸命にセルフ指圧を学んでいただけました。これからもセルフ指圧をライフスタイルとして、皆様の日常の生活にとり入れていただけることにより、健康で元気な100歳を迎えて頂くことを心より願っております。

|

2011年9月16日 (金)

大丸松坂屋百貨店各店で発売決定!

京都西川と浪越指圧アソシエイツの共同開発枕「頚椎、首、頭をやさしく支える健康枕」が大丸松坂屋百貨店各店で発売が決定いたしました。

Photo

昨日の京都大丸で行われました「枕に寝たまま自分できるセルフ指圧講演会」も各回満員の大盛況となりました。今後は大丸松坂屋百貨店各店におきまして、エクストラモデル、ベーシックモデル共にお買い求めいただけますのでよろしくお願い致します。

|

2011年9月 5日 (月)

「指圧検定」公式ガイドブック刊行!

国際指圧普及財団認定の公式ガイドブック第1弾(2級検定)が刊行されました。

Photo

国際指圧普及財団は厚生労働大臣免許である「あん摩マッサージ指圧師免許」とは異なる国家資格ではなく、一般の皆様に指圧とは何かを幅広く、学び知っていただくための指圧検定を目的としたSHIATSU公式ガイドブック(2級検定)を刊行いたしました。

指圧検定の目的は指圧に関する幅広い知識や技能を問う検定試験であり、日本独自の療法である指圧の健全な普及をはかることが目的です。指圧についての基本的な知識をはじめ、人体の構造といった指圧を学ぶのに必要不可欠基礎的知識を習得しているかどうかを、一定の基準により検定します。

2級検定においては自分で出来るセルフ指圧からはじまり、指圧についての知識や技能の理解度や習得度を客観的に評価するためのものであり、国家資格やライセンスを得るための試験とは異なります。

受験者の対象となるのは、指圧について興味がある方全員です。試験では指圧に関する知識のほか、指圧の手技をどれだけ正しく理解しているか、といった問題が出題されます。2級ではセルフ指圧についての知識や手技についても出題されます。

検定に合格すると、指圧について正しい知識や技能を修得した、ということが証明されます。また、2級に合格すると、セルフ指圧マスターの認定書(ディプロマ)が発行され、自分の体をつねにケアすることが出来るようになります。また、1級の受験資格が得られます。1級は2級の知識に加え、パートナーとの指圧についての知識と技能の習得が目標となります。

検定日時におきましては決定次第ご報告をさせていただきます。

*この検定は、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律」の国家資格免許取得及び、職業としての指圧治療を目的としたものではありません。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »