« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月22日 (土)

家庭教育合同研修会「健康で元気な100歳を迎えるために」!

狭山市PTA連合会と狭山市教育委員会主催の家庭教育合同研修会が狭山市立水富小学校体育館において開催されました。

Photo  Photo_2

会場には各中学校の校長先生をはじめ、教育委員会、PTA連合会の皆様が御出席くださいました。私は講師として「健康で元気な100歳を迎えるために」というテーマで指圧の歴史・概論に加え、自分で出来るセルフ指圧に子供さんをはじめとした家庭で出来るスキンシップ指圧の実技を参加していただいた皆様と共にさせて頂きました。

2時間という時間があっという間に過ぎてしまうほど、皆さん、熱心で楽しく、時間を共有させていただくことが出来ました。質疑応答では御父兄の皆様以外におばあちゃまがお孫さんに指圧をしてあげたいと参加していただいたのには感動いたしました。

これからも社会の宝である子供さんとのスキンシップ指圧を、全国のお父様、お母様、おじいちゃま、おばあちゃまに普及し、御家庭でできるスキンシップファミリー指圧で皆さんが健康で元気な100歳を迎えていただけることを願っています。

|

2011年10月 7日 (金)

第28回快眠研修会!

京都ロイヤルホテル&スパにおきまして第28回快眠研修会が行われました。会場には約300人の皆様がおいでになられました。

Photo  2

主催は株式会社京都西川でパネラーズスピーチ&ディスカッションのゲストとしてヒートショックプロテインの効果で有名な愛知医科大学准教授伊藤要子先生、元玉川大学教授で生体健康科学研究所所長の寺沢充夫工学博士、睡眠学会認定医師でスリープクリニック調布院長の遠藤拓郎先生と共に国際指圧普及財団理事長として私もパネラーとして出席させて頂きました。

Photo_2  Photo_3

Photo_4  3

先生方とのディスカッションでは様々な専門分野から快眠をキーワードとして、健康に纏わる素晴らしいお話を聴くことが出来てとても勉強になりました。私自身もパネラーとして指圧の臨床家としてのお話しをさせて頂きましたが、健康で元気な100歳を迎えていただくには、快眠出来る環境に加え、日常のライフスタイルに自分で出来るセルフ指圧を取り入れ、良い布団と枕が大切であるというお話しをさせていただきました。

これからも健康長寿の五原則のひとつである「快眠」において更に努力研鑽し研究していきたいと考えています。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »